スポンサーリンク

「香ばしさ」と「焦げ臭さ」

昨日の記事で「賄いのチャーハンのコゲがビミョーに美味しい」と
書きました。
チャーハンの美味しさは米一粒一粒が良く炒められた香ばしさにある。
と自分なりに思っています。ですから「苦くない、焦げ臭くない」
程度のコゲなら、塩、コショー、油とあいまって美味しく感じます。
昨日の記事のチャーハンはシンプルなベーコン、ナガネギ、カマボコ
のチャーハンだったのでコゲが「苦くも臭くも」なりませんでしたが、
これが定番のキムチ系のチャーハンだと、キムチが焦げ臭くなりやすい
ので注意が必要です。キムチの甘味成分が焦げやすいからです。
キムチ自体は炒める事によって美味しさがアップするので、焦げない
様に炒めるには油多めの方が適しているようです。

←ぽちっとオネガイシマス

携帯用リンク  魚の捌き方 (刺身、料理、レシピ)

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 
男の料理ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.