スポンサーリンク

男の簡単マッスル飯、マグロとアボカドのマッスルちらし寿司、『ゴルフダイジェスト・オンライン BRUDER連載』

マグロとアボカドのマッスルちら04
 
こんにちは、筋肉料理人です!『ゴルフダイジェスト・オンライン BRUDER連載』が更新されたのでお知らせです。この連載は簡単に作れるマッスル飯がテーマで、今回、紹介したのは、「マグロとアボカドのマッスルちらし寿司」です。マグロの赤身刺身とアボカドを使った、手こね寿司的なちらし寿司で、マグロ刺身をたっぷり使う事でタンパク質アップ!その他の具材にアボカドとサイコロに切った長芋を入れ、酢飯の分量を減らし、ちらし寿司としては高タンパク低等質なレシピにしています。

このレシピで摂取できるタンパク質量は32gで、多くの方にとって十分なタンパク質量となります。何故にこんなに高タンパク質かと言えば、マグロの赤身刺身が高タンパクな食材だからです。つまり、筋トレ後に食事を作る元気が無い時はスーパーでマグロの刺身とお握りとサラダを買ってくればOKという訳なんです。まあ、毎回、マグロの刺身だとお金がかかっちゃいますけどね。

作り方マグロとアボカドのマッス006

マグロの刺身は赤身ならいいので、本マグロでなくメバチマグロやキハダマグロでもいいし、カツオの刺身でもかまいません。サーモンでもいいけど、サーモンは脂が少し多いです。これをアボカドと一緒に漬けにします。

作り方マグロとアボカドのマッス014

漬けにするのはしょう油をかけずに酢飯と一緒に食べるからって理由と、漬けにすることで刺身の鮮度落ちが緩やかになるからです。ちらし寿司の場合は作ってから食べるまでに時間がかかることが多いので、これは大事な事なんです。

漬けにしたマグロ、アボカドを長芋と一緒に酢飯と混ぜたのがこちらです。

マグロとアボカドのマッスルちら19

マグロとアボカドのマッスルちら04

マグロとアボカドのマッスルちら12

酢飯に対して具がとても多いのがわかると思います。更に酢飯には長芋が混ざっています。これがちらし寿司としては高タンパク、低糖質な理由です。そして食べても美味しいんです。漬けにしたマグロとアボカドの相性は抜群で、酢飯にサイコロ長芋を混ぜることで食感も良くなります。筋トレ後の食事としても、酒のつまみとしてもいけるちらし寿司になりました。レシピは連載をご覧ください。

「花より筋トレ!」なあなたに 老けないカラダをつくる男の簡単マッスル飯








スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 
男の料理ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.

最新記事

筋肉料理人のレシピ本