スポンサーリンク

自家製サラダチキンとアボカドの辛子明太和え

自家製サラダチキンとabokad05

 


こんにちは、筋肉料理人です!今日の料理は自家製サラダチキンとアボカドの明太和えです。鶏むね肉を使って自家製サラダチキンを作り、アボカドと合わせて辛子明太子で和えました。あっさりしたサラダチキン、とろりとしたアボカドは、そのままではピリッとしたところのない味ですが、辛味と塩気、旨味のある辛子明太子と和えることで変ります。ヘルシーなサラダチキンとアボカドを手軽、珍味的に美味しく食べられるレシピです。

まずは自家製サラダチキンを作ります。300~35g位の鶏むね肉を買ってきてください。


自家製サラダチキン

材料1枚分 3人分くらい

鶏むね肉 1枚(300~350g)


ぽん酢しょう油、日本酒 各大さじ1
鶏がらスープの素 小さじ1/2
おろしにんにく 少々
黒こしょう 2~3振り

作り方

1)鶏むね肉は全体をフォークで刺して穴だらけにし、ポリ袋に入れてAを加え、口をとじて軽く揉み、室温で15分置きます。※ぽん酢しょう油と日本酒の効果で、加熱しても鶏むね肉が固くなりません。

C3290041.jpg
C3290043.jpg
C3290044.jpg


2)漬け込んだ鶏むね肉の皮を下にして耐熱皿にのせ、電子レンジ600wで5分~5分50秒加熱します。途中、半分加熱したところで肉を返し、加熱むらを防ぎます。※加熱時間は鶏むね肉1gに対し、電子レンジ600wで1秒です。鶏むね肉が300gなら300秒(5分)、350gなら350秒(5分50秒)で熱が入ります。

C3290046.jpg


3)加熱が終わったら、すぐに食べてもいいのですが、加熱した時に出る肉汁に漬けて冷ましてから食べると、より美味しく食べられます。

C3300047.jpg
C3300050.jpg


自家製サラダチキンが出来たら、本レシピに入ります。


自家製サラダチキンとアボカドの辛子明太和え

材料2人分

自家製サラダチキン 1/2枚
アボカド 1個
辛子明太子 30g
しょう油 小さじ1

作り方

1)アボカドは縦にぐるりと切れ目を入れ、ひねって外したらタネを取り、スプーンで実をくり抜きます。これを小さめに切ってボウルに入れ、しょう油をかけて和えます。※下味を入れます。

C3300002.jpg
C3300003.jpg
C3300004.jpg


2)自家製サラダチキンは5mmちょっとの厚み、小さめに切ります。※アボカドと一緒に食べられる位の大きさです。

C3300006.jpg
C3300007.jpg


3)辛子明太子は切れ目を入れて中身をしごきだし、皮は刻みます。※刻んだ皮も使います。

C3300010.jpg


4)ボウルにしょう油を切ったアボカド、自家製サラダチキン、辛子明太子を入れてさっくり混ぜ、皿に小高く盛り付けます。

C3300011.jpg


自家製サラダチキンとアボカドの辛子明太子和えの完成です!

自家製サラダチキンとabokad06

辛子明太子と和えたサラダチキンとアボカドを一緒に食べます。辛子明太子の辛味と強い旨味をアボカドのとろりとした食味が和らげ、サラダチキンは適度な食感で食べ応えと噛むうちに出てくる旨味で美味しいです。珍味的に美味しいのですが沢山食べらるし、酒の肴によし、ご飯とだって合います。辛子明太子とアボカドの組み合わせは鉄板です!







スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 
男の料理ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.

最新記事

筋肉料理人のレシピ本