スポンサーリンク

余ったシチューをパスタでリメイク、余ったシチューでペンネグラタン、レトルトシチューでもOK

残ったシチューでグラタン11
 


こんにちは、筋肉料理人です!今日の料理は余ったシチューをパスタでリメイク、余ったシチューでペンネニグラタンです。先日、メシ通さんの連載で作った「鶏もも肉のスピードシチュー」が1人分残ったのでアレンジしました。アレンジと言っても余ったシチューを牛乳で伸ばして電子レンジ加熱、茹でたペンネにかけたらチーズをのせてオーブントースターで焼くだけで熱々のペンネグラタンになります。ここのところ急に寒くなったので、火傷しそうに熱いペンネグラタンを食べると美味しいし、体が芯から温まって元気が出ますね。

スピードシチュー30

上の画像がメシ通さんの連載で作った「鶏もも肉のスピードシチュー」です。見ての通り鶏もも肉がごろごろ入っています。今回はこれを使いましたが、皆さんがお家で作ったシチューの残りで大丈夫ですし、何なら買い置きのレトルトシチューでも勿論OKです。

そして今日のレシピではペンネを合わせていますが、ペンネでなくマカロニでもいいし、スパゲティーを短く折って使っても構いません。ちなみにペンネとマカロニの違いですが、ペンネは管状の端が斜めに切られた、ペン先のようなパスタの事で、マカロニは皆さんご存じの管状のパスタに加えて、リボンや四角いパスタも含まれます。今回は買い置きのペンネがあったので使いましたが、マカロニでもかまいません。

作り方残ったシチューでグラタン01

余ったシチューをパスタでリメイク、
余ったシチューでペンネグラタン、
レトルトシチューでもOK


材料1人分

余ったシチュー 200g前後
ペンネ 50g
ピザ用チーズ 40g
牛乳 大さじ2
バター 小さじ1/2
コンソメ顆粒、塩 各小さじ1/2
乾燥パセリ、タバスコ 適宜

作り方

1)小鍋に湯500mlを沸かし、コンソメ顆粒小さじ1/2、塩小さじ1/2を入れてペンネを茹でます。説明書きに記載された時間より長めに(2割位長め)茹でます。※コンソメを溶かした茹でペンネを茹でることで旨味を入れます。ペンネは茹で上りが固めなので長めに茹でたほうがグラタンに合うと思います。

作り方残ったシチューでグラタン05
作り方残ったシチューでグラタン07


2)ペンネを茹でている間にシチューを耐熱ボウルに入れ、牛乳を加えて伸ばし、電子レンジ600wで2分程加熱して温めます。

作り方残ったシチューでグラタン08


3)グラタン皿にバターを塗ります。茹で上がったペンネの湯を切って入れます。温めたシチューをかけ、ピザ用チーズをちらし、オーブントースターで7~8分、焼き目がつくまで焼きます。

作り方残ったシチューでグラタン09
作り方残ったシチューでグラタン15
作り方残ったシチューでグラタン16
作り方残ったシチューでグラタン17
作り方残ったシチューでグラタン18
作り方残ったシチューでグラタン20

焼きあがったら乾燥パセリをふり、お好みでタバスコをかけて頂きます。

残ったシチューでグラタン03

残ったシチューでグラタン12

残ったシチューでグラタン13

残ったシチューでグラタン15

余ったシチューでペンネグラタンの完成です!焼き目がついてとろりと溶けたチーズの見た目と香りが素晴らしく、食べる前からお腹が鳴ります。スプーンですくって火傷しないようにフーフーと息を吹きかけて食べますが、最初の一口はやっぱり熱い!ハフハフと口の中で息をかけて冷やしながら食べます。滑らかなクリームシチューの食感と旨味、焼き目がついたチーズの風味がペンネと一緒になって美味しいです。そのままでもいけるしタバスコで味変してもいけます。旨味がめっちゃ強いのはペンネを茹でる時にコンソメ顆粒を使ったのが効いていて、この裏技は他の料理でパスタを茹でるのにも使えますので、是非、お試しください。寒くなるとグラタンは美味しいですね。






スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 
男の料理ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.