スポンサーリンク

カイワリの塩焼き 、 脂のりのりで美味しかった!

カイワリ塩焼き026
 


∩・∀・)こんにちは、筋肉料理人です!今日の料理はカイワリの塩焼きです。カイワリはヒラアジやメッキとも呼ばれる魚、アジの仲間です。平べったい多型をしていてゼイゴもあります。こちらでは手のひらサイズのものが、煮付けように売られていることが多いですが、今年は山口県産の大型の物をよく見かけます。お値段も安めで、先日、刺身用があったので買って刺身にしたら絶品!シマアジより旨味が強い感じで激ウマでした。今回買ってきたのは加熱用でしたので、今日は塩焼きにしてみます。

カイワリ塩焼き001

上の画像が料理に使ったカイワリです。サイズが大きいからか、微妙に品種が違うからか、小型のカイワリよりスマートに見えます。ワタとエラを取った状態で600g弱ででした。これを塩焼き用にさばきます。まずは包丁で皮を軽くこすってウロコを落とします。カイワリもアジと同じように細かいウロコとゼイゴがあります。次にエラを取り除き、ゼイゴを切り取ります。

カイワリ塩焼き003
カイワリ塩焼き004

ワタを抜いてそのまま焼こうと思いましたが、そのままではグリルに入らないので3つに切りました。ワタは入ったままです。

カイワリ塩焼き006

切り口からワタを抜き、飾り包丁を入れます。さばくとわかりますが、脂がめっちゃのっています。

カイワリ塩焼き007
カイワリ塩焼き009

塩(重量の1%ちょっと)をふります。尾ひれ、胸びれが焼け落ちないように、たっぷり塩をまぶします。

魚焼きグリルで焼きます。グリルを予熱し、焼き網に脂を塗って魚をのせます。盛り付ける時に上になる方を上にしてのせます(我が家のグリルは両面焼きだからです)。

カイワリ塩焼き010

切り身が大きいので弱火で10分ほど焼きました。強火で焼きたかったですが、切り身が分厚いので火が近すぎます。

カイワリ塩焼き012

焼きあがったら皿に盛り付け、大根おろしとレモンを添えます。

カイワリ塩焼き018

カイワリ塩焼き022

カイワリ塩焼き021

カイワリ塩焼き023

カイワリの塩焼きの完成です!焼きたては身がふっくらしていて肌理が細かく、脂がのっているのでパサつきなくジューシーで美味しい。旨味がこれでもかって位のっています。マアジの塩焼きも絶品なのですが、これまた絶品と言っていい味でした。刺身の方がもっと、ガツンとした旨味がありましたが、塩焼きにすると過剰過ぎない旨味がいいですね。今日もお店に並んでいたので、また買って食べたいと思います。

関連動画






スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 
男の料理ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.

最新記事

筋肉料理人のレシピ本