スポンサーリンク

メシ通!焼き麻婆チャーハン 、 パラパラ卵チャーハンと汁なし焼き麻婆豆腐

焼き麻婆チャーハン092
 


∩・∀・)こんにちは、筋肉料理人です!メシ通さんの連載を更新したのでお知らせです。今回作ったのは「焼き麻婆チャーハン」です。シンプルな卵チャーハンをふっくらパラパラに作り、汁なし焼き麻婆豆腐を合わせます。あっさりシンプルなチャーハンと、痺れる辛さの麻婆豆腐を一皿で味わえるレシピで、フライパン一つで作れます。とっても簡単に作れますが、美味しく作るコツを満載したレシピです。

メシ通 食を楽しみたいあなたのスキマ時間を、笑顔と感動と知って得する情報で満たす、グルメWebマガジンです。


麻婆チャーハンは中華料理が好きな方なら、誰でも好きな組み合わせだと思います、私も過去に作ったことがありまして、その時は卵チャーハンに普通の麻婆豆腐を組み合わせました。今回、メシ通さんの記事で作った焼き麻婆チャーハンは、チャーハンと麻婆豆腐を同じフライパンで作り、麻婆豆腐は汁なしの焼き麻婆仕立てにすることで、チャーハンと合わせても重くない、食べやすいレシピにしました。そして、できるだけ簡単に美味しくしたいので、卵チャーハンは最初に卵かけご飯を作り、それをマヨネーズで炒めて作ります。

焼き麻婆チャーハン028
焼き麻婆チャーハン039
焼き麻婆チャーハン041

予めご飯に卵を絡めることで、加熱するとご飯粒に固まった卵の膜ができます。すると、技術が無くてもパラパラのチャーハンが作れるんです。そして炒め油の代わりにマヨネーズを使うと、更にパラパラになりやすく、旨味も入ります。

麻婆豆腐は汁なしの焼き麻婆にしました。木綿豆腐を角切りし、電子レンジで加熱して水切り。フライパンで焼き目をつけてから豚こま肉、刻みねぎと一緒に炒めて味付け。汁気の無い状態に仕上げます。とろみあん無しで作ると軽くなるのが良いところです。とろみはありませんが、豆腐に滑らかな食感は残るので、十分に美味しいです。

焼き麻婆チャーハン052
焼き麻婆チャーハン055
焼き麻婆チャーハン066

卵チャーハンと焼き麻婆豆腐を皿に盛り付け、温泉卵を落とします。あとは麻婆豆腐をシビカラにする花椒パウダーをふりかけます。

焼き麻婆チャーハン073

焼き麻婆チャーハンの完成です!

焼き麻婆チャーハン099

焼き麻婆チャーハン100

焼き麻婆チャーハン101

焼き麻婆チャーハン107

焼き麻婆チャーハン113

焼き麻婆チャーハン109

焼き麻婆チャーハン121

チャーハンのご飯は200gで少な目ですが、木綿豆腐を半丁使った焼き麻婆豆腐がのるのでボリュームたっぷりです。卵チャーハンは単品で食べても美味しいです。焼き麻婆豆腐はあっさり系の麻婆豆腐って感じですが、豆板醤のピリ辛、花椒のシビカラが効いていて、これもそのまま食べていけます。そして、温泉卵をつぶし、チャーハン、焼き麻婆に絡めると、やっぱり美味い!焼き麻婆チャーハンのレシピは連載をご覧ください。


メシ通 チャーハンと麻婆豆腐を1つのフライパンで「焼き麻婆チャーハン」汁なし焼き麻婆豆腐がクセになる【筋肉料理人】


関連動画


スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 
男の料理ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.