スポンサーリンク

肉吸い風、豆腐と卵の麺無し肉うどん、作り方動画

肉吸い風_R
 


∩・∀・)こんにちは、筋肉料理人です!今日の料理は豆腐と卵入りの肉吸い風です。「肉吸い」は大阪のご当地グルメ、肉うどんの麺抜きです。もともとは二日酔いの役者さんが頼んだ「麺抜き肉うどん」が始まりだそうで、今では豆腐入り、落とし卵入り等もあります。今回は肉吸い風という事で、出汁パックで強めの出汁を取り、そこに下処理した牛こま肉を入れ、肉うどん風に甘味のあるうどん汁風の薄めの味付けにしました。うどん汁そのままだと、家庭で食べるには塩分が多すぎるからです。塩分の摂りすぎ対策には豆腐、牛こま肉で具沢山にすることで1人分のスープ量を少なくしています。こんな感じで作りましたが、スープ、お肉、豆腐、落とし卵、すべて美味しくなりました。このレシピは先日、紹介したものと同じですが、今回は動画も作ったのでご覧ください。その前に実は今日、私が作った肉吸い風レシピが主婦と生活社のCHANTO WEBに掲載されました。下のリンク先の記事も是非、ご覧ください。

「ご飯泥棒確定です!」筋肉料理人が作る肉吸い風レシピ「見るだけでお腹が空く」

今回、動画用に作った肉吸い風には卵も入れました。落とし卵にして入れたのですが、やっぱり卵入りは美味しかったです。下の動画で作り方を紹介しています。



肉吸い風、豆腐と卵の麺無し肉うどん、作り方動画

材料4人分

牛こま肉 200g
豆腐 1丁
卵 適宜
出汁パック 2
塩 適宜
刻みねぎ、七味唐辛子 適宜

A:牛こま肉の下味調味料

片栗粉 小さじ1
日本酒 大さじ2
おろし生姜 小さじ1/4


B:汁の味付け

薄口しょうゆ 大さじ2(無ければ濃口しょう油でOK)
みりん 大さじ1~2(2がおすすめ)

作り方

1)牛こま肉はザクザクと切り、ボウルに入れてAを揉みこみます。
 
2)豆腐を一口大に切ります。

3)鍋に水650mlと出汁パック2を入れて火にかけます。煮立ったら、3~5分、弱火で煮出し、出汁が出たら出汁パックを軽く絞って取り出します。煮立った出汁に下処理した牛こま肉を1枚づつ、しゃぶしゃぶの要領で入れ、アクをすくいます。

4)Bと豆腐を入れ、豆腐が温まったら味見します。このままで大丈夫だと思いますが、足りなければ塩をふります。卵を入れる場合は、穴あきお玉を汁に沈め、そこに卵を落とし、お好みに固めます。これを椀に移し、刻みねぎをたっぷりのせ、お好みで七味唐辛子をふって頂きます。

肉吸い風014_R

肉吸い風021_R

肉吸い風、豆腐と卵の麺無し肉うどんの完成です!スープは薄めのうどん出汁って感じの味付けで、出汁パックを通常の2倍使い、牛肉の旨味も入っているので美味しい!

肉吸い風042_R

牛肉は下処理しているので柔らかく、スープが染みた豆腐も激ウマ!このスープは豆腐に合います!

肉吸い風036_R

そして半熟の落とし卵です。これとうどんスープの相性が悪い筈もなく、身近な食材で作れる最高級の美味しさでした。これと卵かけご飯を合わせるのがご当地風で、当然、合います。肉吸い風、豆腐と卵の麺無し肉うどんを是非、お試しください。


スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 
男の料理ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.