スポンサーリンク

鯛出汁豆腐鍋、鯛のあらで激ウマ豆腐鍋

鯛出汁豆腐鍋052_R
 


∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!皆さん、お元気ですか~今日の料理は鯛出汁豆腐鍋です。昨日記事にした「鯛の味噌漬け焼き」を作った時に出た、鯛のあらを使って豆腐鍋にしました。鯛のあら、頭、中骨は30分煮込むことで旨味が出て、味付けすると鯛の吸い物になります。これを少し濃いめに味付けし、豆腐を入れた鍋です。鯛の出汁でちょい贅沢な豆腐鍋になります。ただし、鯛の吸い物ベースだと塩気が薄いので、食べる時に柚子こしょうを付けて頂きました。これが激ウマでした。

鯛出汁豆腐鍋004_R

魚はさばくとあらが出ます。1尾買ってきて、前回は味噌漬け焼きにして、それだけだと1尾1200円だったので、味噌漬け焼き6人分、1人分200円でした。1人分200円なら切身を買ってきた方が安いかもって値段ですが、今回、あらを使って2人分の豆腐鍋を作ったので、味噌漬けと合わせて8人分になり、1人分150円になります。こんな感じで、魚はあらまで使った方がお得!しかも条巣に料理すると美味しく食べられます。

鯛出汁豆腐鍋

材料2人分

鯛のあら 1尾分※
豆腐 1丁
春菊 半パック
長ねぎ 1/2本
出汁昆布 5g
日本酒 1/2カップ
塩、しょう油 適宜
柚子こしょう 適宜

※鯛あらは頭を梨割りにし、中骨を扱いやすいように切っています。

作り方

1)土鍋(2人用に)水と昆布を入れておきます。※水に漬けておくことで出汁が出やすくなります。

鯛出汁豆腐鍋001_R


2)鍋にたっぷりの湯を沸かし、ボウルに冷水を用意します。鯛のあらを湯に漬け、切り口が白くなったら冷水に漬けて冷まします。流水を当てながら表面のヌメリ、汚れ、血、ウロコなどをこすり落とします。この処理を霜ふりと言って、これをすることで魚の臭み少なくすることができます。※頭はちょっと長めに5秒くらい湯に漬けましょう。ウロコが取れすくなります。

鯛出汁豆腐鍋005_R
鯛出汁豆腐鍋006_R
鯛出汁豆腐鍋007_R
鯛出汁豆腐鍋009_R


3)土鍋に霜ふりした鯛のあらと日本酒を入れます。中火にかけて煮立てます。※日本酒を加えた水で、冷たい状態から加熱することで、アルコールが蒸発するときに臭みが抜けます。

鯛出汁豆腐鍋010_R
鯛出汁豆腐鍋012_R

アクが浮いたらすくい、軽く煮立つ火加減で30分煮て鯛の出汁を取ります。※鯛の出汁は最低15分、30分は煮ないと出ません。

鯛出汁豆腐鍋021_R


4)春菊、長ねぎ、豆腐を切っておきます。豆腐は男前豆腐店のを使っています(うまい!)

鯛出汁豆腐鍋026_R
鯛出汁豆腐鍋028_R
鯛出汁豆腐鍋029_R


5)30分煮たら味付けします。しょう油を小さじ2入れ、塩で味を調えます。吸い物より少し濃いめ位にします。

鯛出汁豆腐鍋035_R
鯛出汁豆腐鍋034_R
鯛出汁豆腐鍋037_R

鯛のあらを一旦取り出し、鍋を網杓子でさらって、骨を取り除きます。

鯛出汁豆腐鍋038_R

豆腐、春菊、長ねぎを入れ、鯛の頭だけ戻します。中骨は戻さず、皿盛りで頂きましょう(中骨を戻すと小骨が豆腐と混ざっちゃう)。

鯛出汁豆腐鍋041_R

豆腐が温まったら出来上がりです。

鯛出汁豆腐鍋068_R

鯛出汁豆腐鍋058_R

鯛出汁豆腐鍋065_R

鯛出汁豆腐鍋の完成です!豆腐をすくい、柚子こしょうをお好みでつけて頂きます。鯛の出汁の風味と柚子こしょうの塩気と辛味で、豆腐を大人の味で美味しく頂けます。そして鯛あらも美味しいですよね。中骨に残った身は美味しいし、頭は骨の周囲の軟骨がゼラチンになっていて、これをすすって食べるのが楽しみです。最後は骨格標本みたいになります。締めは雑炊もいいですが、そうめんを入れて地獄炊きがお勧めです。そうめんは塩気があるので、鍋地を味見し、お湯で少し薄めに伸ばしてから作るといいです。鯛出汁でそうめんの地獄炊きは絶品です!



関連動画








スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 
男の料理ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.