スポンサーリンク

茄子ときのこのカレーにゅうめん 、 余ったそうめん活用レシピ

茄子ときのこのカレーにゅうめん042_R

 


∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!皆さん、お元気ですか~今日の料理は茄子ときのこのカレーにゅうめんです。豚こま肉と茄子、きのこをたっぷり使い、スープは3倍濃縮麺つゆベースにカレールウーを溶かして作ります。夏の残りのそうめんを使った秋の麺レシピです。

我が家の場合、そうめんはお中元で頂くので大量に在庫があります。夏場だけでは食べきれないので、たいていの場合、寒くなってからもにゅう麺にして食べる事が多いです。そうめんはシンプルに食べるのが一番美味しいとは思いますが、賄い用に作る時には一品料理で食べる事が多いので、具沢山にして栄養的に安心できるものにしたいし、具沢山にしてお腹が膨らむようにしたい。今日は秋の食材でボリュームアップ、寒くなってきたのでカレースパイスで体を温めます。

茄子ときのこのカレーにゅうめん

材料1人分

豚こま肉 80g
茄子 1/2本
ブナシメジ 1/2パック
長ねぎ 1/4本
3倍濃縮麺つゆ 50ml~お好み
カレールー 1かけ(20g位)
水 400ml
片栗粉 小さじ1/4
そうめん 2束

作り方

1)茄子は薄めの輪切りにして水に晒しておきます。ブナシメジは石突きを切り取ってほぐし、長ねぎは斜めに切っておきます。

茄子ときのこのカレーにゅうめん001_R
茄子ときのこのカレーにゅうめん003_R


2)豚こま肉には片栗粉をまぶします。※片栗粉をまぶすことで加熱後に固くなるのを防ぎます。

茄子ときのこのカレーにゅうめん007_R


3)鍋にたっぷりの湯を沸かし、そうめんを茹で、茹で上がったら流水で揉み、ザルにあげて水気を切っておきます。


4)別の鍋に水400ml、3倍のう蝕麺つゆを入れて煮立て、豚こま肉を1枚づつ広げて入れます。再沸騰するとアクが出るのですくいます。

茄子ときのこのカレーにゅうめん010_R
茄子ときのこのカレーにゅうめん012_R

水気を切った茄子、ブナシメジ、長ねぎを入れます。野菜に熱が入ったら火を消し、お玉にカレールウをのせ、煮汁に溶かします。※カレールウは火を消して入れたほうが溶けやすいです。

茄子ときのこのカレーにゅうめん017_R
茄子ときのこのカレーにゅうめん018_R
茄子ときのこのカレーにゅうめん020_R
茄子ときのこのカレーにゅうめん021_R

カレールウが溶けたらもう一度火にかけて沸騰させます。味見をし、足りなければ麺つゆかカレールウで調節してください。丼にスープを注いで温めます。丼が温まったらスープを鍋に戻して温めます。

茄子ときのこのカレーにゅうめん022_R

丼にそうめんを入れ、熱々のスープを注ぎ、具材を盛り上げたら出来上がりです。

茄子ときのこのカレーにゅうめん024_R

あればガラムマサラをふると香りが良くなります。

茄子ときのこのカレーにゅうめん027_R

茄子ときのこのカレーにゅうめん036_R

茄子ときのこのカレーにゅうめん041_R

茄子ときのこのカレーにゅうめんの完成です!麺つゆベースにカレールウを溶かしただけのスープですが、豚肉、茄子、きのこ、長ねぎを一緒に煮ることで旨味が入り、これがそうめんに絡んで美味しいです!そうめんは温めずに丼に入れるので、煮立ったスープを注ぐと丁度いい感じになります。そうめん2束と沢山の具で男性でもお腹いっぱいになる量なんですが、カレースープってご飯に合うんですね。ついつい、ご飯をスープに入れて食べちゃいました(;^_^A カレースープは美味しいけど食べ過ぎちゃうのは欠点かな?


関連動画







スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 
男の料理ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.

最新記事

筋肉料理人のレシピ本