スポンサーリンク

自衛隊潜水艦せとしおカレー改 筋肉型 、 海上自衛隊カレーを作ってみました!

せとしおカレー改筋肉型040

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~きょうの料理は海上自衛隊の潜水艦「せとしお」カレー改(ご家庭仕様)を私、筋肉料理人流にアレンジしたカレーです。「せとしお」カレー改筋肉型です。海上自衛隊の食事は金曜日にカレーが出ることが決まっているそうで、その艦ごとにオリジナルレシピがあって、とても美味しいという定評があり、自衛隊の基地祭で試食などあると大人気だそうです。私自身は陸上自衛隊のカレーは食べたことがありますが、海上自衛隊のは食べたことがない。今回、自衛隊富山協力本部様がレシピを公開されたので、それをベースに作ってみました。オリジナルのレシピはリンク先をご覧ください。

せとしおカレー改筋肉型029
せとしおカレー改筋肉型031




自衛隊潜水艦せとしおカレー改 筋肉型 、 海上自衛隊カレーを作ってみました!

材料4人分(8皿分くらいあります)

鶏肉      200g(500gに増やしました)
玉ねぎ     中2個(500g)
にんじん   中1本(150g)
馬鈴薯    中2個(500g)
生姜     1かけ(4g)
にんにく   1かけ(5g)
サラダ油   適量(オリーブオイル大さじ2)
バター    4g(8g)
水      1400ml
チキンコンソメ 1個
ホタテ貝柱缶詰 貝柱2~3個(内容量65gを1缶)
カレー粉    小さじ2
ガラムマサラ  小さじ1
塩       少々
粗挽き胡椒   少々
インスタントコーヒー 少々(約1g)
トマトジュース 50ml
ハインツちょっとだけ
デミグラスソース 1袋(デミグラスソース50g)
中濃ソース    適量
ハウスジャワカレー中辛 半箱(4皿分)
コスモりんごカレールー甘口 1袋
   →(ハウスプライムバーモンドカレー甘口 2袋(4皿分))

カッコ内は筋肉料理人アレンジで調整した分です。
はちみつ大さじ1も入れています。

まずは作り方動画をご覧ください。



C2270055 (2)

作り方

1)玉ねぎは半分を薄切り、半分を8等分のクシ型に切ります。薄切りは最初に炒めて隠し味にするために使い、クシ型の方は後入れして玉ねぎの存在感を出します。

せとしおカレー改筋肉型067
せとしおカレー改筋肉型068

にんじんは小さめの乱切りです。

せとしおカレー改筋肉型069

じゃがいもは皮をむき、一口より小さく切ります。オリジナルレシピでは油で素揚げしますが、代わりに耐熱ボウルに入れ、電子レンジ600wで8分ほど加熱しておきます。

せとしおカレー改筋肉型073
せとしおカレー改筋肉型074
せとしおカレー改筋肉型075

鶏もも肉は一口大より小さめに切ってボウルに入れ、おろししょうが、おろしにんにくを加えて揉み込みます。

C2270057.jpg
C2270057_1.jpg


2)煮込み鍋(底が厚いものがいいです)にオリーブオイルを入れて中火にかけます。玉ねぎを入れ、蜂蜜をかけて炒めます。※オリジナルでは玉ねぎだけ入れます。はちみつは仕上げに入れることになっています。玉ねぎを炒める時、甘味を入れると早く色づくので、ここははちみつを先入れアレンジさせて頂きました。

C2270065.jpg
C2270065_2.jpg

木べらで鍋底をこするようにして炒めます。しばらくすると飴色になってきます。飴色になったら、鶏もも肉を入れて炒めます。

C2270067.jpg
C2270067_1.jpg

鶏もも肉の色が変わったら、にんじん、クシ型玉ねぎを入れて炒めます。

C2270068.jpg
C2270068_2.jpg
C2270068_3.jpg


3)玉ねぎに透明感が出始めたら、水1400mlを加え、ホタテの缶詰(身はほぐしておきます)を汁ごと加え、トマトジュース、チキンコンソメも入れます。ローリエに折り目をつけていれ、にんじんが柔らかくなるまで煮込みます。※ローリエは煮込み料理に使う定番ハーブです。

C2270069.jpg
C2270069_1.jpg
C2270069_3.jpg
C2270069_4.jpg
C2270071.jpg
C2270071_1.jpg

アクが浮いたら軽くすくいます。

C2270072.jpg


4)フライパンでガラムマサラとカレーパウダーを辛炒りします。香りが立ってきたら、鍋に入れます。

C2270074_1.jpg
C2270076.jpg


5)にんじんが柔らかくなったら火を消します。デミグラスソースを加え、カレールー2種類を溶かします。※カレールーは火を消し、沸騰を止めてから加えたほうが溶けやすいです。

C2270077.jpg
C2270078.jpg
C2270078_1.jpg

カレールーが溶けたら火をつけ、混ぜながら10分ほど軽く沸騰させ、とろみを安定させます。ここで、電子レンジ加熱したじゃがいもを加えます。

C2270081_1.jpg
C2270081_2.jpg


6)仕上げです。バター、、インスタントコーヒー、黒こしょうを加えます。※これらはカレーの隠し味の定番です。

C2270082.jpg
C2270082_2.jpg
C2270082_4_2020030522565970d.jpg

味見をし、最後の仕上げに中濃ソースをお好みで加えて混ぜます。

C2270083_1.jpg

皿にご飯を盛ります。ご飯の量は男子なら300g位(ココイチが300g)です。海上自衛隊ではカレーの付け合せにキャベセンサラダ、ゆで卵を添えることが多いそうなので、添えました。

C2270084.jpg

カレーをたっぷり掛けます。

C2270084_3.jpg

そして、これまた不思議なのですが、呉の潜水艦乗りの気分を味わいたいときは、焼きししゃもを1匹、のせるといいそうです。

せとしおカレー改筋肉型025

せとしおカレー改筋肉型044

せとしおカレー改筋肉型049

せとしおカレー改筋肉型053

せとしおカレー改筋肉型054

自衛隊潜水艦せとしおカレー改 筋肉型の完成です!カレールー2種類、沢山の具材が入りましたが、味はスパイシーな中に奥深い旨味があり、かなり美味しかったです。調味料、具材ともに多いですが、何処かが尖った味じゃなく、まとまりのある味でした。家族で食べましたが、全員が美味しいって評価でした。辛さは、大人ならもうちょっと辛くてもいいかな?って感じでしたので、カレーパウダーを増やしたり、別に一味唐辛子を足しても良さそうです。それと、仕上げにのせる焼きししゃもですが、呉の潜水艦乗りの雰囲気を味わうのに必須のトッピングだそうです。理由は呉の潜水艦乗りまでということなので、そのうち、鉄のくじら館に行って聞きたいと思います。


関連動画













スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 
男の料理ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.

最新記事

筋肉料理人のレシピ本