スポンサーリンク

鶏むね肉の明太マヨネーズ焼き鳥

鶏むね肉の明太マヨネーズ焼024

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~今日の料理は鶏むね肉の明太マヨネーズ焼き鳥です。鶏むね肉を大葉巻きの焼き鳥にし、明太マヨネーズと合わせます。明太マヨネーズは「焼き」と「生」でトッピングし、味に変化をつけて美味しくいただきます。

鶏むね肉や鶏ささみは、あっさりしているので、刺激のある食材と組み合わせると美味しいです。鶏ささみと明太、チーズの揚げ物とか定番ですよね。って事で、今回は鶏むね肉の焼き鳥に明太マヨネーズを合わせます。鶏むね肉は加熱しても固くならないように下処理して焼きくので、そのまま食べても美味しいです。それに明太マヨネーズの旨味を入れるので、まずいはずがありません。まずは作り方動画をご覧ください。



鶏むね肉の明太マヨネーズ焼き鳥

材料6本分(2~3人分)
鶏むね肉 1枚(330g)
大葉    15枚
辛子明太子 小さじ3
マヨネーズ  適宜
サラダ油   適宜

A:鶏むね肉下処理用
片栗粉 大さじ1と1/2
日本酒 大さじ1と1/2
しょう油 小さじ1
鶏ガラスープの素 小さじ1/2
おろしにんにく 小さじ1/4

B:明太マヨネーズ用
辛子明太子 小さじ2
マヨネーズ  小さじ2

作り方

1)まずは鶏むね肉の下処理をします。鶏むね肉は皮を取り、2cm弱の角型に切ります。大きさは無理に揃えなくてもいいです。切ったらまな板に並べ、ラップを被せて肉叩き、もしくは麺棒、瓶の底で両面をたたきます。肉の繊維が少し崩れるくらいに叩いていいです。取り除いた皮は冷凍しておき、ある程度溜まったら鶏皮ぽん酢、鶏皮せんべいなど作るといいです。レシピは→鶏皮のぴり辛ぽん酢、鶏皮せんべい

C1280030_1.jpg
C1280031.jpg
C1280031_1.jpg
C1280031_2.jpg


2)叩いた鶏むね肉をボウルに入れ、Aを加えて手でもみます。鶏むね肉が水気を吸うまで揉みます。※揉み込んだ片栗粉が鶏むね肉の水分と旨味を受け止めるので、柔らかジューシーに焼き上がります。

C1280033.jpg


3)大葉を縦半分に切り、裏を上向きにしてまな板に並べます。

C1280034.jpg
C1280034_1.jpg

大葉の上に2)の鶏むね肉を均等に並べます。大きさに大小があるので、大きすぎる肉片は小さく切り、小さすぎるのは幾つかまとめてのせましょう。これを竹串(長さ15cm、100円ショップで焼鳥用が売ってます)で刺します。その時、大葉の巻き終わりを留めるように刺します。※大葉の裏側を内側にして巻くのは、大葉の香りは表でなく裏側のほうが強いので、大葉の香りを鶏むね肉に移すためです。

C1280037.jpg
C1280037_3.jpg
C1280039_6.jpg


4)オーブントースターのトレイにimgs-134.fc2.com/d/t/1/dt125kazuo/C1280037.jpg" alt="C1280037.jpg" border="0" width="450" height="253" />
C1280037_3.jpg
C1280039_6.jpg


5)オーブントースター(食パン2枚を同時に焼けるタイプ)のトレイに魚焼き用のアルミホイルを巻き、上に4)の焼き鳥をのせます。大葉が焦げるのを防ぐために、サラダ油を薄く塗ります。

C1280040_2.jpg
C1280040_4.jpg

オーブントースター(1000w、250℃に設定)を予熱し、熱くなったら15分焼きます。

C1280041.jpg
C1280041_1.jpg


6)Bを混ぜて明太マヨネーズを作ります。

鶏むね肉の明太マヨネーズ焼044
鶏むね肉の明太マヨネーズ焼045



7)焼き鳥を5分焼いた所で一旦取り出し、トレイの向きを変えて焼きムラを防止します。

C1280041_2.jpg
C1280044.jpg
C1280044_1.jpg
C1280044_2.jpg

更に5分焼いたら、焼き鳥3本に6)の明太マヨネーズを塗ります。オーブントースターに戻し、あと5分焼きます。

C1280045.jpg
C1280045_1.jpg
C1280045_2.jpg
C1280045_5.jpg

合計15分焼いたら取り出し、皿に盛り付けます。明太マヨネーズを塗っていない焼き鳥に、生の辛子明太子を小さじ1くらいづつトッピングし、お好みでマヨネーズをかけます。※マヨネーズはディスペンサーを使うときれいな線が引けます。

C1280060_1.jpg
C1280062.jpg
C1280062_1.jpg
C1280062_2.jpg
マヨネーズディスペンサー002
C1280063.jpg

これで、鶏むね肉の明太マヨネーズ焼き鳥の完成です!

鶏むね肉の明太マヨネーズ焼016

鶏むね肉の明太マヨネーズ焼017

鶏むね肉の明太マヨネーズ焼030

まずは明太マヨネーズに焼き目をつけた方の味ですが、

鶏むね肉の明太マヨネーズ焼040

明太マヨネーズに熱が入り、焼き目がついているので、まろやかな味の中に辛子明太子の旨味と辛味があり、明太グラタン的な美味しさがありました。これが鶏むね肉の大葉巻き焼き鳥と合います。お店で売ってたら注文するくらい美味しかったです。

鶏むね肉の明太マヨネーズ焼027

鶏むね肉の明太マヨネーズ焼035

そして、生の辛子明太子とマヨネーズを後がけした方は、生の辛子明太子の旨味、辛味がガツンと直接、舌に届くので、辛子明太子大好きって方にはこちらのほうが好まれるかもしれません。どちらのタイプも味に特徴があって美味しかったです。割と簡単に作れますので、動画を参考に挑戦してみてください。オーブントースターがない時は、オーブンを250℃に設定し、少し長めに焼くといいでしょう。


関連動画







スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 
男の料理ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.