スポンサーリンク

アメリカンポークの味噌漬けロースト 、 かたまり肉の簡単料理

アメリカンポークの味噌漬けロト027

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~きょうの料理はアメリカンポークの味噌漬けローストです。安くて美味しいアメリカンポークの肩ロース肉を味噌ダレに漬け込み、電子レンジのオーブン機能を使って焼きます。味噌ダレの効果で豚肉が柔らかくなり、大きなかたまり肉のまま焼くので、ジューシーに焼きあがります。これからクリスマス、忘年会、正月とパーティシーズンに入りますので、そんなときにお勧めな料理です。

アメリカンポークの味噌漬けロト033

アメリカンポークは国産の豚肉と比べると安いのが嬉しいです。今回、使ったのは肩ロース肉ですが、国産と比べると脂身が少なく、食べるとあっさり系の味がします。脂が少なくあっさり系なので、ガッツリ食べる料理に向いています。大きなかたまり肉のまま焼くローストが簡単でお勧めです。

味付けは塩、こしょう、ハーブだけでもいいのですが、アメリカンポークはあっさりしているので味噌で旨味を入れるのがお薦めです。味噌の旨味が入って美味しくなります。味噌漬けにした肉は焼くときに焦げやすいのが注意すべき点ですが、かたまり肉のローストは長時間、低温で焼きますので焦げの心配がいりません。味噌漬け焼きにバッチリ合った料理法です。

アメリカンポークの味噌漬けロースト




材料 6人分

アメリカンポークかたまり肉(肩ロース、ロース、もも、お好みで)  850~900g
タカノツメ   1本
塩       小さじ2
黒こしょう   小さじ2
オリーブ油、もしくはサラダ油 大さじ2

A
味噌       大さじ6
はちみつ    大さじ2
おろしにんにく 小さじ1
日本酒      大さじ3

付け合せ
グリーンリーフ、ミニトマト    適宜
お好みのドレッシング、マスタード お好みで

作り方
1)アメリカンポークはかたまり肉を使います。ここでは肩ロースを使っていますが、ロースでも、もも肉でもかまいません。もも肉は固くなりやすい部位ですが、味噌タレに漬け込み、かたまり肉で焼くので、柔らかく、ジューシーに焼きあがります。予算節約ならもも肉で十分でしょう。

かたまり肉をフォークで刺して穴だらけにします。全体を刺しまくってください。

PB270065 (2)


2)塩と黒こしょうをすり込みます。塩の量は肉の重量の1.2%位にしています。大きなかたまり肉は味が入りにくいので、味噌に漬け込む場合でも塩でしっかり下味をつけます。

PB270066 (2)

PB270066_1 (2)

塩、黒こしょうを刷り込んだらフリーザーバックにいれます。


3)味噌タレを作ります。タカノツメの種を取り除き、キッチンハサミで細かい小口切りにし、Aと混ぜ合わせます。

アメリカンポークの味噌漬けロト036

アメリカンポークの味噌漬けロト042

混ぜ合わせた味噌タレを2)のフリーザーバックに入れ、空気を抜いて口をとじ、手でもんで馴染ませます。これを冷蔵庫に入れ、一晩、馴染ませましょう。

PB270076 (2)

アメリカンポークの味噌漬けロト047


4)電子レンジのオーブン機能を使って焼きます。漬け込んだ豚肉は焼く1時間前に冷蔵庫からだし、室温に戻しましょう。1時間と言わず、2時間前に出すともっといいです。

アメリカンポークの味噌漬けロト048

漬け込んだ豚肉を取り出し、表面についた味噌タレをキッチンペーパーで拭き取ります。ざっとでいいです。クッキングシートを敷いたオーブントレイにのせます。上からオリーブ油かサラダ油をかけ、豚肉の表面に塗ります。オリーブ油をぬるのは乾燥防止のためです。

※味噌タレに漬け込んだ豚肉は触っただけで分かるほど柔らかくなっています。味噌、はちみつ、日本酒に肉を柔らかくする効果があるからです。

アメリカンポークの味噌漬けロト001

オーブンを120℃に予熱し、1時間30分焼きます。

アメリカンポークの味噌漬けロト002

焼きあがったら取り出し、アルミホイルで包みます。バットに乗せて30分休ませましょう。これは余熱で熱を通すためと、肉汁を落ち着かせる為です。30分と言わず、1時間ほど置くともっといいです。

アメリカンポークの味噌漬けロト004

アメリカンポークの味噌漬けロト046


5)休ませた肉を薄く切って皿に盛ります。この料理は熱々の状態で食べるものでは無く、室温に戻した状態で食べる料理です。ですからパーティなどで使う場合は前日に焼いておき、当日に切り分けるといいです。切り分けてラップしておけば温度が上がり、ちょうどいい感じになります。

PB280014_1 (2)

使わせはサニーレタスを添えていますが、レタスやブロッコリー等、お好みのものでいいです。

アメリカンポークの味噌漬けロト030

アメリカンポークの味噌漬けロト028

アメリカンポークの味噌漬けロト012

アメリカンポークの味噌漬けロト019

アメリカンポークの味噌漬けローストの完成です! 味噌漬けにしていますが、味噌~って感じの味でなく、優しい、肉本来の味わいのある仕上がりになります。食べてるうちに旨味が口の中に広がっていく感じです。120℃の低温で焼くので、肉にやや赤身が残りますが、1時間30分+余熱30分加熱しているので、熱はしっかり通っています。あっさりした味なので、お好みでマスタードやドレッシングをつけて食べるのもいいでしょう。お好みでお召し上がりください。




 筋肉料理人の男子ゴハンレシピ (e-MOOK)


関連動画










スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 
男の料理ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.