スポンサーリンク

鶏レバーの生姜煮、連休疲れの回復に

鶏レバー甘辛酢生姜煮10
 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですかあ~
今日の料理は鶏レバーの生姜煮です。鶏肝(鶏レバー+鶏ハツ)を酢を混ぜた甘辛い煮汁で煮ました。

鶏レバーの生姜煮

鶏レバーは元気が出る食材ですよね。このブログでは同じような料理が毎月登場してて、ちょっと申し訳ないとこもあるのですが、定期的に食べたほうが良い食材なので、記事を見てうちも作ってみようと思って頂けると嬉しいです。

鶏レバー好き嫌い

鶏レバーは好き嫌いの多い食材だと思います。私は大好きだから、普通に塩焼きしたのでも大好きですが、嫌いな人、苦手な人は匂いや食感が気になります。実を言うと私の家内がそうで、匂いと食感が気になるそうです。ですが食べると元気が出るそうで、嫁さんが食べたいって言った時、この記事のレシピで作っています。このレシピでは煮汁に酢を混ぜるので、鶏レバーが柔らかくしっとり仕上がり、癖も和らいで食べやすくなります。

鶏レバーの下処理

鶏レバーの臭み抜きに水晒ししたり、牛乳に漬けたりしますが、私の経験上言えば、ほとんど変わりないように思えます。むしろ鮮度のいいものを使うのが大事で、お店で鮮やかな色の鶏レバーを買ってきて、その日のうちに料理する。これが大事じゃないかと思います。鶏レバーを買ってくると、大抵の場合、鶏はつ(心臓)がついています。ハツには脂肪と中に血が入っているので、切り開いて中の血、外側の脂肪を取り除いてから料理します。下処理の方法は過去記事→「鶏肝とこんにゃくの炒め南蛮」をご覧下さい。


材料 5人分

鶏レバー        500g
生姜          2かけ(30g位)
タカノツメ       1本
ごま油         大さじ1
刻みねぎ、白いりゴマ  適量

A
水           1/2カップ
しょう油        大さじ4
日本酒         大さじ4
砂糖          大さじ4
酢           大さじ2

作り方

1)生姜は皮ごと千切りにします。タカノツメは種を取り、キッチンハサミで細い小口切りにします。


2)鶏レバーは筋を切り取り、一口大に切って下さい。


3)フライパンにごま油を入れ強火にかけます。熱くなったら鶏レバーを入れ、木べらで混ぜながら炒めます。

鶏レバー甘辛酢生姜煮23
鶏レバー甘辛酢生姜煮24

全体に焼き目がついたら、Aとタカノツメを加えて煮立てます。

鶏レバー甘辛酢生姜煮25
鶏レバー甘辛酢生姜煮26

煮立ったらアルミホイルで落し蓋をします。

鶏レバー甘辛酢生姜煮28

吹き零れないくらいの火加減で5分煮ます。アルミホイルの下で沸騰した煮汁が循環しているような状態で煮ます。途中、生姜の半分を入れます。

鶏レバー甘辛酢生姜煮30

5分経ったら落し蓋を外し、焦げ付き防止にフライパンを揺すりながら沸騰させて水分を飛ばします。

鶏レバー甘辛酢生姜煮31

水分が減ってフライパンの底に少し残るくらいになったら、残りの生姜を加えて混ぜます。

鶏レバー甘辛酢生姜煮32

混ぜながら加熱して水分を飛ばします。

鶏レバー甘辛酢生姜煮33
鶏レバー甘辛酢生姜煮34

皿に盛りつけ、刻みねぎを散らして出来上がりです。

鶏レバー甘辛酢生姜煮07

鶏レバー甘辛酢生姜煮14

「鶏レバーの生姜煮」の完成です~
基本甘辛味にさっぱりとした酸味が入って鶏肝が食べやすいです。うちのカミさん曰く、「鶏肝料理は色々あるけどこれが一番」と言うことなんですが、ただ単に自分が料理したくないからそう言ってるのかもしれません?


関連料理

フルブラりんご鶏レバーりんご19 鶏レバーのりんごジュース煮

鶏レバーでジャークチキン02 鶏レバーのタバスコ焼き、ジャークチキン風

鶏レバーのタバスコオイル煮37 鶏レバーのタバスコオイル煮

鶏レバーとこんにゃくのぴり辛煮05 鶏レバーとこんにゃくのぴり辛煮

鶏きもの甘辛煮19 鶏きもの甘辛生姜煮

鶏肝のトマト煮バターライス11 鶏きものトマト煮、バターライス

鶏肝とこんにゃくの炒め南蛮17 鶏肝とこんにゃくの炒め南蛮



人気ブログランキングへ  

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 
男の料理ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.