スポンサーリンク

鶏とこんにゃくの陶板焼き

陶板焼き03
人気ブログランキングへ


∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですかあ~
と言いつつ、豪雨の被害が出ている愛知県の皆さんに、心よりお見舞い申し上げます。今現在、台風は佐賀県に再接近してるという話ですが、こちらは大した雨風はありません。ですがニュースを見ると近いところでは大分県の一部に被害が出てるみたいです。こう、立て続けに災害が起こると、本当にいい加減にしてくれって気になりますが、天のなすところに逆らうことはできません・・・避難勧告など出てる地位にきお住まいの方は早めの対策を、行政の指示に従って行ってくださいませ。本当に大変だと思いますが、命が第一ですよ。

レシピでございます。レシピってほどのものじゃありませんが、陶板焼きをしました。私の地元、佐賀県三養基郡みやき町に、古くは東の皿山(有田は西の皿山)と呼ばれている白石地区という所があります。こちらに「裕翠窯」(ゆうすいがま)という釜を、陶芸家の鮎川裕樹さんが営んでいらしまして、新作の陶板を使ってみない?みたいな感じでお借りしました。実は過去記事の「ゴーヤーチャンプルー」の盛り皿に使ったのがこの皿で、料理を盛ってみて(大した料理じゃありませんが)、その姿の良さに、ちょっと驚きました。皿って、盛る前と、盛った姿って変わるんですよね。私は料理ブロガーで写真を撮るから、凄くいいと思った次第でした。

イカゲソゴーヤーチャンプルー15

で、今囘は、本来の用途である陶板焼きです~
陶板焼きは陶器の皿で焼く料理っていうか、料理屋さんで食べる料理なんだけど、鉄のフライパンでなく陶器で焼くから、焼き上がりが鉄のフライパンで焼いたのとは違って、ちょっと柔らかいというか、優しい焼き上がりになるって感じがします。ただ、陶板とか普通の家にはありませんからね、そこがネックなんだけど、せっかくお借りした皿だから、遠慮なく使わせてもらいました。

材料 2人分
鶏もも肉             1枚
こんにゃく            1枚
長ねぎ               1本
椎茸                4本
エノキタケ             1株
わさび               適宜

割下
醤油                大さじ4
みりん               大さじ4
砂糖                大さじ2~4
日本酒              大さじ4
※できれば昆布をさした醤油があれば、バッチリかな。

材料はこんな感じです。
こんにゃくは塩もみし水出ししてから薄く切ります。

P9178875.jpg P9178880.jpg

鶏もも肉も薄めに切りました。1センチ弱位かな。

P9178877.jpg

長ねぎは斜めに切りました。

P9178879.jpg

椎茸は軸を切り取り、傘に飾り包丁を入れ、えのき茸は石突きを切り取ります。

陶板焼き01

陶板焼き02

鶏もも肉とこんにゃくが主役です。これを陶板で焼き、甘い割下を加え、味がし見たところを取り、わさびを少しつけて頂きました。料理屋さんの陶板は一人前づつですが、この皿はでかいので2人分いけますから、仲良し同士で頂けますよ。

陶板焼き04

鶏もも肉は頃合いに火が入ったところを頂くと、柔らかい焼き上がりに甘い味をわさびがぴりりと引き締めてくれて、とてもいい感じです。やっぱり、フライパンで焼いたのとはちょっと違います。それと、こんにゃくが美味いですね!下処理に、たっぷりの塩でもんでるから(塩もみしてから切った)、下味が付いてるのと、ぷりぷりした食感が出て、如何にも大人の食べ物ですねえ。

陶板焼き05

そして、具を継ぎ足し継ぎ足ししていくと、だんだん煮詰まって味が変わってきます。ここまでくると、ごはんにしようか~ってな気分になるのは、割下を甘くしたからでしょうね。でも、飲み助の僕は最後まで飲み続けましたとさ~

(・∀・)そんじゃまた明日です。



このブログは料理ブログランキングに参加しています。
モチベーション維持の為、ランキング投票にご協力をお願いします。
下のバナーを押して頂くとポイントが加算されます。
投票による不利益は一切ありません。
超、よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ  
携帯の方は→人気ブログランキング投票

ありがとうございますm(_ _)m
皆さんから頂いた応援、励ましがブログを続ける動機になっております。

 
僕のレシピ本、筋肉料理人の居酒屋ごはん帖は長らく売り切れ状態で、古本に高値がついてご迷惑をおかけしていました。今月、重版されまして、現在、コンビニエンスストアで新品が買えます。書店さんにも遅れて配布される予定です。

通販はセブンイレブンのセブンネットショッピングで購入できます。お急ぎの方はこちららどうぞ。

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 
男の料理ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.