スポンサーリンク

白身魚のムニエル、夏野菜カレーソース

白身ムニエル夏野菜カレー02
 
 


∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です。
皆さん、お元気ですかあ~
今日の佐賀県は台風接近で強風、大雨の荒れ模様の天気です。
ブログを書いている今は午前10時くらい、自宅の茶の間でPCを開いています。
今日は福岡県久留米市の実家で、お盆の法要があるので仕事を休んでるんですよ。しかし、法要に合わせて台風が来るとは・・・・まあ、強風ってくらいで防風じゃないって事でよしとしましょう。この記事を書き終えたら出かけます。

暑い夏にピッタリの美味しいレシピを作りました。
白身魚のムニエル、夏野菜カレーソースです。
魚には何処でも手に入る冷凍のカラスガレイを使い、フライパンで色よくムニエルにし、合わせるカレーソースには玉ねぎをたっぷり使い、オリーブオイル、カレー粉、ガラムマサラで風味を入れ、電子レンジで作りました。魚はフライパンで料理し、ソースは電子レンジで料理する二刀流レシピでございます。

カレーって言うと、僕的には普通に売ってるカレールーなんですが、最近、カレー専門店が多いでしょう。インドやスリランカの方々が厨房で作る本場風カレーは、ジャパニーズのカレーとは全くの別物、違った美味しさがありますよね。これらのカレーはシェフが自分でスパイスを調合して作るもので、ルーで作る作り方とは違うらしい。しかも、本場インドでは野菜、チキン、魚が主流と聞いてヘルシーなんだなあと感じることしきりです。でも、それで旨みが出るのかなあ~なんて思いますが、食べるとうまいんですねえ~
今回作ったカレーソースは本場風とは程遠いものですが、ジャパニーズ的に作り易いレシピにまとめてみました。


そんじゃ~さっそく(σ´∀`)σ行ってみよう!!


白身魚のムニエル、夏野菜カレーソース  作り方とレシピ


材料 4人分

白身魚の切り身         4枚 今回はカラスガレイを使いました。
塩               適宜
コショウ            適宜
小麦粉             適宜

夏野菜カレーソース     4人分
玉ねぎ           250g
ナス              1本
カレー粉          大さじ2杯
カイエンペッパー      お好みで (一味唐辛子でもいいです)
オリーブオイル       大さじ2杯
牛乳            大さじ4杯
水             大さじ4杯
コンソメ            1個  包丁で刻んでから混ぜてください
トマトピューレ       大さじ1杯 ケチャップを使ってもいいです。
醤油            小さじ1杯
塩             適宜
ガラムマサラ        小さじ1/4~

付け合せ
オクラ             4本
ミニトマト           4個
レモン             少々
ハーブ             適宜

白身ムニエル夏野菜カレー04

①まず下ごしらえをしましょう。
白身魚の下処理からです。下処理っていっても大したことじゃありません。
パックから出したらキッチンペーパーで水気を吸い取り、塩とコショウを軽くふるだけです。塩と胡椒を振ると、しばらくして水が出てきます。あとで小麦粉をまぶす前に、もう一度、水気を拭き取るといいです。
そして、冷凍物の魚って、解凍すると匂いがあるものがあります。その時は日本酒で洗いましょう。

ナスはヘタを切り取り5センチくらいに切ります。これを縦半分に切り、半分を4等分の「くし切り」(外側から中心に向かって切る)にしましょう。

白身ムニエル夏野菜カレー010

切ったら水に浸け、アク抜きしましょう。

オクラは塩みがきし(やり方は過去記事を見てね→イカ刺しのたたきオクラ和え)電子レンジ500wで100gあたり2分加熱、加熱後、冷水で冷ましてください。



②カレーソースを作ります。
まずは玉ねぎを薄くスライスしましょう。スライサーを使ってもいいです。

白身ムニエル夏野菜カレー05

耐熱ボウルに入れ、カレー粉、オリーブオイルをかけましょう。辛いのが好きな方はここで、カイエンペッパー(一味唐辛子でもいいです)をかけましょう。唐辛子の辛味は油に溶けやすいので、水気を加える前に要らて方が効果的です。

白身ムニエル夏野菜カレー06→混ぜる→白身ムニエル夏野菜カレー07

ラップをかけて加熱しますが、ラップは端を少し開けてかけるといいです。
電子レンジ500wで3分加熱しましょう。

白身ムニエル夏野菜カレー08

一度取り出し菜箸で混ぜます。
電子レンジから取り出す時と、ラップを外す時に注意してください。熱い蒸気が吹き出して火傷しますので、ラップは菜箸でつまんで外すといいでしょう。
混ぜたらラップし、電子レンジで更に3分加熱します。

白身ムニエル夏野菜カレー09

加熱が終わったら水、牛乳、刻んだコンソメ、醤油、トマトピューレ(ケチャップでも)を加え、あと2分加熱しましょう。
最後にガラムマサラを加えて混ぜ、味見をし、足りなければ塩で調味してください。



③フライパンにオリーブオイルを大さじ2~3杯入れ強火にかけます。
脂がサラサラになりフライパンが熱くなったら、水気を切ったナスを入れましょう。フライパンに入れたら菜箸で皮が下になるようにしてください。ナスの皮は低温で加熱すると茶色くなって、見た目、汚くなってしまいますが、高温の油で加熱すると鮮やかな紫になります。そして、皮を強く加熱することで皮を食べやすくする効果があります。

白身ムニエル夏野菜カレー011

上から見て、ナスの身にも火が入ってきたら混ぜましょう。ナスは油と相性がよく、果肉をしっかり油炒めすると、とろける食感になります。今回、動物性の脂肪は使わないので、体にいいオリーブオイルなら多少、多めにとってもいいと思います。

白身ムニエル夏野菜カレー012

ナスがトロっとしてきたら加熱終了です。ナスだけを②の耐熱ボウルに移し、混ぜあわせてください。



④白身魚をムニエルにしましょう。
ムニエルは小麦粉をまぶした炒め物のことで、白身のムニエルはバターで焼いたりするんですが、今回はオリーブオイルで焼きました。③のフライパンをそのまま使います。(オイルが残ってるからね)

白身魚はキッチンペーパで水気を拭き取り、ビニール袋に入れます。小麦粉を大さじ1杯加え、ビニール袋に空気を入れ口を閉じて振ると魚に小麦粉がまぶされます。

白身ムニエル夏野菜カレー013

フライパンを中火にかけましょう。ナスを炒めたフライパンをそのまま使います。
小麦粉をまぶした切り身を入れます。
油は多めのほうがいいので、切り身の下面が油に触れるように、オリーブオイルを足してください。

白身ムニエル夏野菜カレー014


(・∀・)魚をフライパンで焼くとき、どうしても身が崩れてしまう。
    そんな方もいらっしゃると思います。
    それは加熱中に魚に触りすぎているのが原因です。
    魚をフライパンに入れたら、切り身を横から見て、
    切り身の厚みの半分くらいまで火が入るまで、
    触らずに加熱してください。
    ここまで加熱すればひっくり返す時、くずれにくいです。


時々、フライパンを傾け、オイルを回しながら加熱し、切り身の厚みの半分近くまで火が入ったら、フライ返しで「そ~っと、ひっくり返しましょう」。

白身ムニエル夏野菜カレー015

ひっくり返したら中火を「とろ火」(最弱)に落とし、アルミホイルを被せてください。ホイルを被せ、3~5分蒸し焼きにします。
飲食店では鉄のフライパンを使い、ひっくり返したらフライパンごとオーブンに入れるんですよ。オーブンに入れる代わりにアルミホイルで蒸し焼きにしました。

白身ムニエル夏野菜カレー016

焼きあがったら火を消してください。

白身ムニエル夏野菜カレー017


⑤盛り付けです。
皿にカレーソースをしき、上に白身魚のムニエルをのせます。
まわりにスライスしたオクラ、ミニトマトを散らし、ムニエルの上にレモンスライス、ハーブをのせて完成です。

白身ムニエル夏野菜カレー01

白身ムニエル夏野菜カレー03

カラスカレイの身って脂が多く、トロっとした食感が美味いですよね。ムニエルやフライにすると、外側かりっ、中はトロトロがとてもいいです。カレーソースの相性はとても良く、夏にぴったりの魚料理になりました。


(・∀・)今から実家に帰ります。
    そんじゃ~また~







このブログは料理ブログランキングに参加しています。
モチベーション維持の為、ランキング投票にご協力をお願いします。
下のバナーを押して頂くとポイントが加算されます。
投票による不利益は一切ありません。
超、よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ  
携帯の方は→人気ブログランキング投票

ありがとうございますm(_ _)m
皆さんから頂いた応援、励ましがブログを続ける動機になっております。



 僕のレシピ本、筋肉料理人の居酒屋ごはん帖は絶好調発売中です!



スポンサーリンク

コメント

ローズ

筋肉先生
奇遇ですねv-238
最近カレーパウダー使ったサラダがお気に入りです
特にだんなさまがですがね
なすの鮮やかな色は火を通しても変わらないのですか?
色が変わってしまわない方法をおしえてください

おもちゃのひろくん

こんばんは!
僕も今日は会社を休んで法事でした。
大阪の天気は、たまに雨が降りましたが一日中曇りでした。

カレイだけにカレーソースですか?
な~んてダジャレ的な意図は無いでしょうが・・・(笑)
レモンとハーブを添えるとオシャレですね♪(^o^)

カゼノオ~

おはようございます(・∀・)ノ
台風、大丈夫ですか!?
今朝、NHKを見ていたら佐賀が映っていました。
もの凄い風と雨じゃないですか!

くれぐれも気を付けて下さいね!


夏のカレーは最高ですね!
…と言いますか家は給料日前は殆どカレーです。
それで3~4日はしのげます。
しかしこの時期の野菜は高いです。
特に薬味系は高くて手が出ません。

筋肉料理人

ローズさん、こんにちは~
気が合いますねえ~

ナスの色は高温の油に鍵があります。
高温の油で揚げるように加熱すれば大丈夫です。
色的に一番いけないのが100度以内の加熱ですね。
味噌汁に入れると色が汚くなるのはそれが原因です。

筋肉料理人

おもちゃのひろくん、こんにちは~
またまた奇遇ですね~

そうそう、カレーだけにね!
レモンにハーブとくると、イキナリエスニックになりますね。

筋肉料理人

カゼノオ~さん、こんにちは~
大丈夫でしたよ~
宴会のあと温泉に入って帰った程、余裕でした。

夏カレー、最高です。
カレーって連続でもいけるのは日本人のソウルフードってことですか?

ローズ

筋肉先生
なるほど・・・炒める場合でも油多めの揚げる感覚で炒めたらよいのですね
100度がどのくらいかわかりませんが挑戦してみます
ありがとうございました

筋肉料理人

ローズさん、こんにちは~
そーですよ~
普通に天ぷらを作るような温度ですね。
そして、皮を下にしとくのが大事です。
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 
男の料理ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.